ストレスと戦うメガネ

通りがかりのショッピングモールで、

眼鏡ショップの店頭に、気になるポスターを発見。

ストレスと戦うメガネ

と書かれています。

よく読んでみると、

「ブルーライト対策メガネ」

の広告でした。

ポスターには、

「ブルーライトをどれだけカットできるか」

ではなく、

ブルーライトをカットした結果、あなたに起こることは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

をうたってあります。

高度な技術を使った商品ほど、

機能・性能を伝えたくなるでしょう。

だって、苦労して編み出したわけです。

でも、エンドユーザーの心が動く一言は、そこではないんですね。

その機能を手に入れたときに、どんな幸せが起こるのか?

なのです。

この「目線の切り替え」が、

エンドユーザーに対する本当の愛だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です