「バスルームの未来」は、どうなる?

future bathroom
SF小説を読んでいると、未来のテクノロジーや人々の暮らしが
ありありと描かれていて、それらが後の人々に影響を与え、
研究開発が行われ、実現することがあります。

未来学者、イアン=ピアソン博士によると、
居室空間の一角を占めるバスルームは、
今後、大きく様変わりをするといいます。

例えば・・・

【今後10年以内に】

  • 浴室内のスマートミラーが健康チェックとあわせ、
    髪型やスタイリングの
    提案をしてくれるようになる
  • 浴室内のスマートミラーは、ミリ単位の薄さの
    ディスプレイを
    インターネットにつないであり、
    高解像度カメラを内蔵したものになっている
  • 浴室内のスマートミラーで撮影された映像を
    医師が活用するようになり、病気診断のための
    虹彩スキャンが可能となる

    future bathroom-2
  • 浴室内のスマートミラーの中には、
    ユーザーの吐く息を分析し、
    健康状態を診断する
    化学センサーを持つものも登場する
  • 浴室内のスマートミラーに映るアバターを使って、
    仮想のコーディネートを試したり、新しい
    メイクアップ製品やヘアケア用品、
    ジュエリー、
    洋服を試着できるようになる

    future bathroom-3
  • ユーザーの「なりたい外見」を叶えるために、
    浴室内のスマートミラーが
    メイクアップの塗り絵機能を
    持つようになる
  • 壁面、床面のタイルがスピーカー機能を持つようになる
  • 床面タイルの一部またはカーペットが、
    体重計の機能を持つようになる

【今後25年以内に】

  • グラフェン(炭素の一種)でできた電子回路を
    肌の上につけたり、
    皮膚細胞に埋め込む
    「アクティブスキン」が一般化されるようになる
  • メイクアップはスマート化され、顔にクリームを
    塗ることによって
    皮膚に適用した電子回路が
    アクティブになり、
    鏡の中のアイコンをタップすると
    顔のパーツを識別して
    顔の上に自動でメイクアップを表示してくれる
  • バスルームお掃除ロボットが、マッサージや
    マニキュア等の
    サービスを施してくれる
  • アロマとマイナスイオンを帯びた空調が、
    バスルームの悪臭や
    バクテリア、花粉を取り除くようになる
  • バスルームの壁面がポリマースクリーンとなり、
    いつでも模様変えが
    できるようになる

今から25年前といえば、1991年です。
まだ、パソコンもインターネットも普及していませんでした。
当時の模様に思いをはせると、隔世の感があります。

同様に、これからの25年間も、大きく暮らしは変わりゆくのでしょう。

生産者の方々にとっては、このような未来予測は
経営の参考情報になるかも知れません。

しかし、こんな「便利が満載された」未来の浴室に、
私たちはワクワクしたり、リラックスしたりすることができるでしょうか?

「「バスルームの未来」は、どうなる?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です